皆さんの本気を応援します!

ブログトップ

ロッキーリゾートホテル体験談

JUNセンターのブログを読んでくれている方、みなさ~ん~  001.gif こんにちは003.gif

今日は2009年度のワーキングホリデーでロッキーリゾートホテルで働いていた
ミナミさんの体験談をご紹介058.gif

ミナミさ~ん~元気ですか???  日本の大学の教育実習はどうですか??

カナディアンの友達との楽しい生活に胸を膨らませてバンクーバーを出発したのが、まるで昨日のよう。バンフに着いて、最初の数日、私が何をしていたかというと・・・このプログラムに参加した人の体験談を読んでいた。

体験談はこちら

どこに、この体験談のような生活が待っているの?私がいるホテルには日本人は、私だけ・・・みんなの会話は、テレビと同じスピード。何言っているのかわからない。孤独で、淋しくて・・。日本人がたくさんいるバンクーバに一日でも早く戻りたいと思っていた。でも、ある日仕事が終わって帰ろうとした時、「南、帰るよ~Come on」と一人のルームメイトが声をかけてくれた。その時から今までずっと彼女は私と一緒にいて、どこか行く時や何かをする時は、必ず私を誘ってくれる。それからもう一人彼女の友達も私がリビングにいないと「南はどこ?」と私の部屋まで来てくれる。彼女達とその友達のおかげで、この三週間楽しいことがたくさんあった。一緒に買い物に行ったり、部屋で映画見たり、ゲームをしたり、お化粧してドレスアップしてクラブに行ったり!おしゃれな洋服や靴を持っていない私の為に、彼女たちは洋服も靴もアクセサリーも全部貸してくれて、お化粧までしてくれたりして★
e0094887_812561.jpg


仕事が早く終わった時は、近くのボウ川に行って川原で夕飯を食べたり、休みが同じ日は芝生で日光浴。
e0094887_8141221.jpg


この前の休日は、彼女の友達がトロントから5人来たから一緒にハイキングにも行ってきた!日本人はもちろん私一人だけど、もう私は淋しいとは全く思わない。これからどんなことが待っているのか、毎日が楽しくて仕方がない☆
但し何の努力もしないで、楽しい生活は待っていない。初めはつらく、すごく居心地が悪かったけどできるだけリビングにいたりして閉じこもらないように頑張った!このプログラムは、カナディアンとの楽しい生活の機会を与えてくれる。この機会をどう使うかは、自分次第!どうせなら、カナディアンとの忘れられない楽しい思い出作りたいよね!!!

e0094887_8153776.jpg



ミナミさんお疲れ様でした。

Emi


JUNセンターのHPはこちら
[PR]
by juncentrecanada | 2010-05-29 08:19 | ワーキングホリデーで仕事GET