皆さんの本気を応援します!

ブログトップ

自転車専用レーン

バンクーバー ダウンタウンに自転車専用レーン開通
バンクーバーのダウンタウン中心地の Dunsmuir St.に 6 月 15 日から、自転車専用レーンが開通しています。自動車用の1レーンを使い、自転車専用車線となったのだ。日本の市街地、それも中心地では有り得ない話だと思います。自転車用レーンとは思えない程の広さのため、車が右折 (日本の左 折)の際に誤って自転車レーンに入ってしまい、バックして車道へ右折し直す場面もよく見る。 低いコンクリート塀または植え込みなどで隔てられた車線は一晩で出来上がった。開設にかかった費用は約 81 万カナダドル。今後 2 年間で 2,500万カナダドルをかけ自転車専用レーンを増やしていく予定とのこと。
e0094887_10394495.jpg

自転車レーン設置にまで至った理由は、環境への配慮、駐車料金の節約のためなど、自転車や徒歩でダウンタウンに向かう人が年々増えてきていることや、バンクーバー市長が自転車愛好家でも知られている。
e0094887_10412427.jpg

これで自転車でイース トサイドからダウンタウンに入る 自転車専用レーンが確立し、現在ウェストサイド・バラード橋からダウンタウン、Hornby St も開設に向け準備をしているのだが、やや問題になりかけている。
というのは、ストリー トパーキングの駐車スペースが減ったことや、自転車レーンが設けられたス トリート沿いにあるお店の売り上げが減っているからだ。
コンビニでは「自転車利用者は、たくさん買っては荷物になるのでペットボトルの水くらいしか買っていかない。」また車利用者はガソリンや車の税金を払い道路整備などへの費用の足しになるが、自転車利用者は何にもならない。など反対の声も上がってきている。そしてこの自転車専用レーン、雨季に入ると撤去されるとのこと。 私の個人的な意見としては環境への配慮は納得だが、他にも別の税金の使い道があるのでは?と疑問に思うところも・・・。
e0094887_10414711.jpg


Emi
JUNセンターのHPはこちら

[PR]
by juncentrecanada | 2011-01-18 10:43 | 街の風景-Vancouver-