皆さんの本気を応援します!

ブログトップ

アイスホッケー

カナダのスポーツといえば、カーリング、スキー、スケート、ラクロスなどですが、圧倒的な人気・知名度を誇るのはアイスホッケーです。
MLB・NBA・NFL・NHLの北米4大スポーツはテレビでも毎日のように放送されており、どのリーグも地域密着型なのでファンは地元チームを熱狂的に応援しています。バンクーバーではMLBチームこそありませんが、車で約2時間のシアトルにご存知、マリナーズがあり、カナダ最大の都市トロントにはトロントブルージェイズという古豪チームがあります。
Vancouver Canucks(バンクーバー カナックス)は現在、カナダにある6つのNHLチーム(カルガリー、エドモントン、オタワ、モントリオール、トロントそしてバンクーバー)の一つです。カナックスというのは『カナダ人』と言う意味の英語のスラングです。
e0094887_11461749.jpg

歴史について
1945年に太平洋岸ホッケーリーグ (Pacific Coast Hockey League, PCHL) はバンクーバー市にアイスホッケーのフランチャイズ権を与えることとした。そこで設立されたのが、バンクーバー・カナックスである。カナックスは、創設わずか2年で PCHLで優勝する順調な滑り出しを見せた。
1952年には、PCHLが西部カナダシニアホッケーリーグ (Western Canada Senior Hockey League) と合併しプロマイナーリーグである西部ホッケーリーグ (Western Hockey League, WHL) が誕生する。カナックスからは、ジョニー・バウアー(Johnny Bower)、アンディー・バスゲート(Andy Bathgate)、トニー・エスポジト (Tony Esposito) 、ボビー・オア (Bobby Orr) 、フィル・マロニー (Phil Maloney) といったスター選手が輩出されて、チームは1958年、1960年、1969年 及び1970年にレスター・パトリック・カップ (Lester Patrick Cup) を獲得する。

1965年になると、NHLはリーグに新たに6チームを加える市場拡大構想を発表した (この構想により誕生したチームはのちに「エクスパンション・シックス」と呼ばれる)。当時WHLに加盟していたカナックスのオーナーであり、元バンクーバー市長も務めたフレッド・ヒューム (Fred Hume) はバンクーバー市もこの構想に乗って参加申請することを発表した。
ところが、NHLの理事会 (Board of Governors) に対するプレゼンテーションの準備がずさんを極めていた。このことに加えて、バンクーバーのオーナーグループがシカゴ・ブラックホークスのオーナー、ジェームス・ノリス (James Norris) やトロント・メープルリーフスのオーナー、スタフォード・スマイス(Stafford Smythe、バンクーバー市におけるアリーナ設置計画に失敗したため、同市を毛嫌いしていたと一般的にいわれる)らと反りが合わなかったことから、参加申請は不調に終わった。
にもかかわらず、バンクーバーにNHLフランチャイズチームが設立されることを見込んで、ホーム用としてバンクーバー展示場の敷地にパシフィック・コロシアムが建設された。

1970年、別のバンクーバーのオーナーグループが、マイナーリーグ所属のカナックスを買収し、度重なる協議の結果、カナックスは加盟金6百万ドルを支払いNHLに参加することが決定された。このとき、東西の2地区の均衡を保つためにカナックスは、バンクーバーが北米大陸の西海岸にあるにも拘らず、東部地区に配置された(また同年には、シカゴ・ブラックホークスが東部地区から西部地区に配転されている)。

出典 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

Emi
[PR]
by juncentrecanada | 2010-11-19 11:46 | カウンセラーブログ