皆さんの本気を応援します!

ブログトップ

携帯電話

留学生活に欠かせないアイテム、携帯電話について今日はお話しします。
日本と比べると、カナダの通信会社のサービスは非常に質が低く、英語での説明に加え、システムの違いにより、しばしば頭を悩まされるものです。
カナダの携帯電話会社は、FIDO、ROGERS、TELUS、BELL Mobilityの4つの会社があります。
カナダも携帯電話は、日本と同様、一般的です。ただし、料金体制が若干違い、プランにより通話時間に限りがあったり、同じメーカ同士なら通話が無料な物があったり、掛けてきても掛かってきても料金が発生したりと、カナダの携帯事情を知らなければ痛い目を見るかもしれません。
e0094887_9413360.jpg

料金プランは毎月定額で平日の夜と週末は通話料が安くなったり、またが夜の7時以降はかけ放題!!!会社によっても実に様々なプランがあります。
また、メールについても日本のようにメールアドレスを取得して、送受信をするようなシステムではなく、携帯電話の番号宛に送受信できるテキスト メッセージのみが基本です。たしか、日本でもdocomoにこのような機能ついていましたね。
海外直接に電話を掛ける際には、ロングディスタンス料金が発生します。Fidoの場合、 1 分20¢くらいなのですが、この料金、かなり変動が激しく、時期により電話会社に問い合わせる必要がありそうですね。加えて、日本に電話を掛ける際には必 ずコーリングカードを使用しましょう。

ただし、カナダのほとんどの携帯は、日本に比べると機能性には劣っています。カメラ、赤外線通信、携帯専用WEBサイト、着メロ、カメラ、などの 普及もごく一部で す。
近年は、FidoとROGERSがiPhoneと契約したり、スマートフォンの普及により、機能性の高い機種も出てまいりましたがまだまだ日本 ほどの活発ではありません。
e0094887_942193.jpg


バンクーバー国内において留学生の中で最も普及しているのはFidoとSoloでしょう。
Fido to FidoというFido同士の無料通話時間を設定することができたり、他の携帯電話会社が1分間の課金なのと違い、Fidoは1秒間毎の課金であり、若干 安く済むというのも大きな理由になりそうです。
e0094887_9433952.jpg

また日本と違う大きな違いは住所など契約内容の変更の際は、携帯電話会社の店頭での手続きはできず、本人がカスタマーサービスに電話をしなければなら ない。
(日本だと店頭ですぎにできるので便利ですよね~~)
あとは解約は1ヶ月前までにカスタマーサービスに電話で申し出なければいけない!!
e0094887_9423116.jpg

機種ですが、BlackBerryも普及していますが、やはり今はカナダではIphoneが人気ですよね。
Iphone4発売日には前日の夜から、長い行列ができ、すぐに売り切れました。

また当社でも携帯電話契約のサポートをいたしておりますのでお気軽にお問い合わせくださね。

Emi
JunセンターのHPはこちら
[PR]
by juncentrecanada | 2010-09-24 09:50 | カウンセラーブログ